Home記事一覧フォーラム

Xilinx (AMD) VivadoでVitisプロジェクト作成用のXSAファイルを出力する方法

VivadoでFPGAのビットストリームを生成し、Vitisでプロジェクトを作成するためのXSAファイルを出力する方法です。

ここで出力したXSAファイルは「Xilinx (AMD) VitisでVivadoのXSAファイルからアプリケーション・プロジェクトを作成する方法 (Stand alone, Bare metal編)」で使用します。

ビットストリームの生成

Vivado IDEを起動し、メニュー: File: Project: Open... でVivadoプロジェクトファイル (project_x.xpr) を開き、Flow Navigator: PROGRAM AND DEBUG: Generate Bitstreamをクリック。


Yesをクリック。


OKをクリック。


ビットストリーム生成までの各工程が自動的に行われる。以下のダイアログが出たら「View Reports」を選択してOK


XSAファイルにエクスポート

メニュー: File: Export: Export Hardware...を選択。


Next。


「Include bitstream」を選択してNext。


デフォルト設定で出力すると、VivadoプロジェクトディレクトリにTopモジュール名.xsaの名前で出力される。


Finish。